サトクダマキモドキ

トップ > バッタ目 > キリギリス科

 「サトクダマキモドキ」は本州から九州にかけて分布するキリギリス科ツユムシ亜科のバッタです。成虫の出現時期は8月から11月で,平地から山地の林縁の樹上などで見ることができます。
 夜行性であり,灯火に集まります。「クダマキ」とはクツワムシの別名で,そのクツワムシに似ていることからこの名前がつきました。似た種類に「ヤマクダマキモドキ」がいますが,ヤマクダマキモドキの前脚は赤紫色になるので見分けることができます。