クルマバッタモドキ

トップ > バッタ目 > バッタ科

 「クルマバッタモドキ」は北海道から九州にかけて分布するバッタ科トノサマバッタ亜科のバッタです。成虫の出現時期は7月から11月で,荒れ地から海岸の砂地まで至るところで生息し,人家周辺でも普通に見ることができます。
 体色は褐色型が多いですが,緑色型も見られます。前胸背面に一対の「く」の字形の白紋があります。「クルマバッタ」に似ていますが,クルマバッタは前胸背部が盛り上がっているのに対し,本種は真っ直ぐなので見分けることができます。