コバネイナゴ

トップ > バッタ目 > イナゴ科

 「コバネイナゴ」は北海道から沖縄にかけて分布するイナゴ科イナゴ亜科のバッタです。成虫の出現時期は7月から11月で,水田やその周辺の草原などで見ることができます。
 体の側面に濃茶色の筋がはいった明るい緑色のバッタで,翅は短く,腹部より短くなっています。イネ科植物の葉を食べるので,イネの害虫として知られています。