ショウリョウバッタ

トップ > バッタ目 > バッタ科

 「ショウリョウバッタ」は本州から沖縄にかけて分布するバッタ科ショウリョウバッタ亜科のバッタです。成虫の出現時期は8月から11月で,草原などのほか人家周辺でも見ることができます。
 日本に分布するバッタの中では最大です。8月の旧盆(精霊祭)の頃に姿を見せ,精霊流しの精霊舟に似ていることが名前の由来になっています。雄は飛ぶときに「チキチキ…」と音を出すところから「チキチキバッタ」と呼ばれています。