トノサマバッタ

トップ > バッタ目 > バッタ科

 「トノサマバッタ」は北海道から沖縄にかけて分布するバッタ科トノサマバッタ亜科のバッタです。成虫の出現時期は7月から11月で,平地から低山地の日当たりのよいイネ科植物の多い草原などで見ることができます。
 写真の個体は褐色型ですが緑色型の個体もよく見ます。日本のバッタの中では最大で,「ダイミョウバッタ」の別名があります。