ミカドフキバッタ

トップ > バッタ目 > イナゴ科

 「ミカドフキバッタ」は北海道から近畿地方以北の日本海側にかけて分布するイナゴ科フキバッタ亜科のバッタです。成虫の出現時期は7月から10月で,低山地から亜高山帯のやや湿った林縁などで見ることができます。
 翅は短く,左右の翅は背面で重なることはなく,後脚の下の部分が赤っぽい色をしています。別名「ミヤマフキバッタ」と呼ばれます。