オナガササキリ

トップ > バッタ目 > キリギリス科

 「オナガササキリ」は本州から沖縄にかけて分布するキリギリス科ササキリ亜科のバッタです。成虫の出現時期は8月から10月で,イネ科植物が生えている日当たりのよい環境で見ることができます。
 体色は緑で,頭部から腹部の背面が褐色になることが一般的です。雌の産卵管は赤褐色を帯びて長くなり,体長とほぼ同じ長さになるのが特長です。名前の由来は「尾の長いササキリ」と言う意味です。