クルマバッタ

トップ > バッタ目 > バッタ科

 「クルマバッタ」は本州から沖縄にかけて分布するバッタ科トノサマバッタ亜科のバッタです。成虫の出現時期は7月から11月で,丘陵地などの林縁の草地などで見ることができます。
 トノサマバッタに似ていますが,胸部背部が盛り上がることで見分けがつきます。後翅に円を描くように黒い帯があり,飛ぶときにそれが黒い車輪のように見えるところからクルマバッタの名前がつきました。