ツマグロイナゴ

トップ > バッタ目 > バッタ科

 「ツマグロイナゴ」は北海道から九州にかけて分布するバッタ科トノサマバッタ亜科のバッタです。成虫の出現時期は7月から9月で,山間部のやや湿った草原などで見ることができます  後脚の関節部分と翅の先端が黒くなっており,それが名前の由来になっています。以前はイナゴの仲間と思われていましたが,バッタの仲間に変更され,それに伴い,「ツマグロマグロイナゴモドキ」,「ツマグロバッタ」などと呼ばれるようになりました。