ヒナバッタ

トップ > バッタ目 > バッタ科

 「ヒナバッタ」は北海道から九州にかけて分布するバッタ科ヒナバッタ亜科のバッタです。成虫の出現時期は6月から12月頃で,主に乾燥した草原などで見ることができます。
 胸背部に白い「く」の字に曲がった模様があり,また前翅側面に白い斑紋(写真では後脚で半分隠れています)があることで見分けがつきます。普段は草食ですが,死んだり弱って動きの鈍くなった仲間を積極的に食べる肉食傾向を持ちます。