キアシドクガ

トップ > チョウ目 > ドクガ科

 「キアシドクガ」は北海道から九州にかけて分布するドクガ科の蛾です。本種はドクガ科ですが,チャドクガのように毒針毛を持たず無毒です。成虫の出現時期は6月頃で,昼間にミズキの回りを飛んでいるのを見ることがあります。
 脚が黄色であることが名前の由来になっています。幼虫はミズキやエゴノキなどを食草にしていますが,ときには大量発生し樹木を裸にすることもあるそうです。