シロモンクロエダシャク

トップ > チョウ目 > シャクガ科

 「シロモンクロエダシャク」は北海道から九州にかけて分布するシャクガ科エダシャク亜科の蛾です。成虫の出現時期は6月から8月で,林内や林縁などで見ることができます。
 写真の個体は雌ですが,雄の翅は黒で白い斑紋があり,それが名前の由来になっています。幼虫はツルウメモドキやマユミなどのニシキギ科の植物を食草にしています。