フタトビスジナミシャク

トップ > チョウ目 > シャクガ科

 「フタトビスジナミシャク」は北海道から九州にかけて分布するシャクガ科ナミシャク亜科のガです。成虫の出現時期は4月から5月と9月から10月の年2回あり,平地から山地にかけて見ることができ,夜間灯火にも飛来します。
 翅は元のほうに茶褐色の筋模様があり,途中から白色になりますが,この白色の部分の色は個体差があるようです。似た種類はいろいろありますが,写真の個体のように白いのは本種だけのようです。