ハコベナミシャク

トップ > チョウ目 > シャクガ科

 「ハコベナミシャク」は北海道から九州にかけて分布するシャクガ科ナミシャク亜科のガです。成虫の出現時期は5月から8月で,平地から低山地で見ることができます。
 止まっているときの翅上が暗褐色で下が白色になります。翅の模様は「フタトビスジナミシャク」に似ていますが,フタトビスジナミシャクが翅の下が白一色になるのに対し,本種は翅の先が灰白色になります。
→フタトビスジナミシャク