シリグロハマキ

トップ > チョウ目 > ハマキガ科

 「シリグロハマキ」は北海道から四国にかけて分布するハマキガ科ハマキガ亜科のガです。成虫の出現時期は5月から7月で,広葉樹林内やその林縁部などで見ることができるほか,夜間灯火に飛来します。
 雌は前翅の前縁の基部にひだがあり,斑紋は暗褐色です。雄は前縁のひだがなく,斑紋は淡褐色です。(写真の個体は雄です。)雌の腹部の先が黒くなっていることが名前の由来になっています。