キシタバ

トップ > チョウ目 > ヤガ科

 「キシタバ」は本州から九州にかけて分布するヤガ科シタバガ亜科のガです。成虫の出現時期は7月から8月で,平地から山地の雑木林などで見ることができます。
 前翅は褐色で,翅を閉じるとつけ根部分が四角形の形で濃褐色になっています。後翅は黄色と暗褐色の鮮やかな模様があり,前翅を開くと後翅の模様が目立ちます。成虫は樹液を吸い,幼虫はフジを食草にしています。