シロツバメエダシャク

トップ > チョウ目 > シャクガ科

 「シロツバメエダシャク」は北海道から九州にかけて分布するシャクガ科エダシャク亜科のガです。成虫の出現時期は7月から10月で,平地から山地にかけて普通に見ることができます。
 全体が白く,帯がやや茶色味を帯びます。本種はウスキツバメエダシャク,フトキツバメエダシャク,コガタツバメエダシャクなどと似ており,同定には自信がありませんが,前翅の2本の帯の間にさざ波紋がなく,後翅の尾状突起が短く,その外側に突起状のものが見られることなどから同定しました。