チャマダラエダシャク

トップ > チョウ目 > シャクガ科

 「チャマダラエダシャク」は本州から九州にかけて分布するシャクガ科エダシャク亜科のガです。成虫の出現時期は8月から10月で,低山地から山地の雑木林などで見ることができるほか,夜間灯火に飛来します。
 翅を広げると8cm程度になる大きなシャクガであり,翅には白に灰白色の細かい模様が入り,さらに茶褐色の筋模様があります。幼虫はクロモジやしきみなどを食樹にしています。