ヒメツバメエダシャク

トップ > チョウ目 > シャクガ科

 「ヒメツバメエダシャク」は北海道から九州にかけて分布するシャクガ科エダシャク亜科のガです。成虫の出現時期は7月で,主に山地で見ることができます。
 翅は白色で,淡褐色の筋があります。ツバメエダシャクの仲間には似た種類が多いですが,本種は後翅の尾状突起にある黒紋内部の赤色が縁に接していることや,後翅の筋が大きく「く」の字に曲がることで見分けることができます。