ハナオイアツバ

トップ > チョウ目 > ヤガ科

 「ハナオイアツバ」は本州から沖縄にかけて分布するヤガ科クルマアツバ亜科のガです。成虫の出現時期は7月から9月で,平地から低山地にかけて見ることができます。
 翅は一般的には茶褐色で,前翅に白い紋があります。また翅を横断するように暗褐色の線が1本あります。雄は下唇髭が発達して上方に曲がり,胸部から腹部にまで達していることから,「鼻負(はなおい)アツバ」と名付けられました。