ツマグロナミシャク

トップ > チョウ目 > シャクガ科

 「ツマグロナミシャク」は北海道から九州にかけて分布するシャクガ科ナミシャク亜科のガです。成虫の出現時期は5月から7月と9月から10月の2回あります。生息地は不明ですが,写真は標高800m程度の林縁で撮りました。
 翅の根元は黒褐色をしていますが,先端部は白色から淡黄色をしています。また止まったときの左右の翅端が黒褐色をしているところから「ツマグロ…」の名前がつけられました。