ヒロオビウスグロアツバ

トップ > チョウ目 > ヤガ科

 「ヒロオビウスグロアツバ」は北海道から九州にかけて分布するヤガ科クルマアツバ亜科のガです。成虫の出現時期は4月から8月で,低山地から山地で見ることができます。
 体色は灰白色から暗褐色まで個体差があります。翅は横に幅広く帯があることが名前の由来になっています。成虫の餌は不明ですが,幼虫は枯れ葉を食べます。