ギンボシトビハマキ

トップ > チョウ目 > ハマキガ科

 「ギンボシトビハマキ」は北海道から九州にかけて分布するハマキガ科ハマキガ亜科のガです。成虫の出現時期は5月から9月で,生息地は不明ですが,写真は標高700m程度の林縁で撮りました。
 写真の個体は翅を閉じたときに周囲が黄色で,中が茶褐色ですが,この色彩は個体変異が大きく中央部が灰色のものや翅全体が黄色一色のものもいます。翅には銀色の斑点がちりばめられていることが本種の特徴です。