タイワンキシタアツバ

トップ > チョウ目 > ヤガ科

 「タイワンキシタアツバ」は本州から九州にかけて分布するヤガ科アツバ亜科のガです。成虫の出現時期は5月から9月で,生息地は不明ですが,写真は標高700m程度の林縁で撮りました。
 本種は「クロキシタアツバ」や「ソトムラサキアツバ」に似ていますが,クロキシタアツバは前翅の暗褐色の部分が台形をしているのに対し,本種は三角形をしています。またソトムラサキアツバは後翅が黒色をしていますが,本種は黄色をしています。(写真の個体は閉じた前翅の間から黄色い部分が見えます。)