ウラベニエダシャク

トップ > チョウ目 > シャクガ科

 「ウラベニエダシャク」は本州から沖縄にかけて分布するシャクガ科エダシャク亜科のガです。成虫の出現時期は4月から10月で,山地から平地の林縁や人家周辺でも見ることができます。
 翅は黄褐色で,前翅には一対の紋があり,外側と内側は暗色になります。本種の夏型は変異が多く,写真の個体も模様が薄くなっています。

 上の個体は最初の個体よりさらに模様が薄く,最初に見たときは別種だと思いました。