キモントガリメイガ

トップ > チョウ目 > メイガ科

 「キモントガリメイガ」は本州から四国にかけて分布するメイガ科シマメイガ亜科のガです。成虫の出現時期は6月から9月で,草原で見ることができますが,普段は葉の裏などに隠れています。
 翅は赤褐色で後翅には太いクリーム色の帯があり,前翅には細い帯があり,翅を開くと半円を描くように見えます。また翅を閉じると前翅の帯が直線的に繋がり,開いているときと異なった模様になります。