ホソバナミシャク

トップ > チョウ目 > シャクガ科

 「ホソバナミシャク」は北海道から九州にかけて分布するシャクガ科ナミシャク亜科のガです。成虫の出現時期は5月から9月で,平地から山地まで普通に見ることができるほか,夜間灯火に飛来します。
 腹部には茶褐色の帯が2本あり,翅は白色で周辺部には褐色の斑紋が見られます。幼虫はタラノキなどを食樹にしています。