ギンボシキヒメハマキ

トップ > チョウ目 > ハマキガ科

 「ギンボシキヒメハマキ」は北海道から九州にかけて分布するハマキガ科ヒメハマキガ亜科のガです。成虫の出現時期は5月から8月で,生息地は不明ですが,写真は湖沼近くのササ原近くで撮りました。
 体色は黄褐色で黒い小さな斑紋と銀色の大きな斑紋が見られます。本種は「コギンボシキヒメハマキ」に似ていますが,コギンボシキヒメハマキは翅の銀色の模様が細長いのに対し,本種は斑点状になります。