リンゴカクモンハマキ

トップ > チョウ目 > ハマキガ科 > ハマキガ亜科

 「リンゴカクモンハマキ」は北海道から九州にかけて分布するハマキガ科ハマキガ亜科のガです。成虫の出現時期は5月から10月で,平地から山地の林内や林縁のほか果樹園などでも見ることができます。
 体色は黄褐色で,翅にはV字型に暗褐色の模様があります。(写真の個体は色が褪せています。)幼虫は様々な広葉樹やカラマツの葉を食害し,果樹園のリンゴやナシ,ウメなどの主要害虫になっています。