クロウスムラサキノメイガ

トップ > チョウ目 > ツトガ科 > ノメイガ亜科

 「クロウスムラサキノメイガ」は本州から九州にかけて分布するツトガ科ノメイガ亜科のガです。成虫の出現時期は5月から9月で,生息場所は不明ですが,写真は標高500m程度の林縁の外灯下で撮りました。
 前翅は内側と外側で模様が全く違い,内側は白色に橙色の斑紋があり,外側は紫色を帯びた暗褐色をしています。本種は「ウスムラサキノメイガ」に似ていますが,ウスムラサキノメイガは前翅と後翅の色が違うのに対し,本種は同色です。また本種の雄は前脚の脛節に毛束があることで見分けることができます。(写真ではよく分かりません。)