クロスキバホウジャク

トップ > チョウ目 > スズメガ科

 「クロスキバホウジャク」は北海道から沖縄にかけて分布するスズメガ科ホウジャク亜科のガです。成虫の出現時期は5月から8月で,林縁や草地の花で吸蜜しているのを見かけることがあります。
 体色は淡緑色で腹部背の中央が黒色になり,翅は透明で黒褐色の縁があります。本種は「スキバホウジャク」に似ていますが,スキバホウジャクの前翅の縁取りが鋸歯状で境目がはっきりしないのに対し,本種は縁と透明部分の境目がはっきりしています。またスキバホウジャクの後翅基部が黄褐色をしているのに対し,本種は黄褐色の色彩は見られません。