キリウジガガンボ

トップ > ハエ目 > ガガンボ科

 「キリウジガガンボ」は本州から九州にかけて分布するガガンボ科ガガンボ亜科のガガンボです。成虫の出現時期は4月から10月頃で,水田や畑の周辺のほか都市部周辺でも見ることができます。
 成虫は蚊を大きくしたような感じですが,蚊のように吸血することはありません。幼虫は土の中でイネなどの植物の根を食害します。幼虫の体は腹部で切れたような形をしているところから「キリウジ」の名前が付けられました。