クチナガハリバエ

トップ > ハエ目 > ヤドリバエ科

 「クチナガハリバエ」は北海道から九州にかけて分布するヤドリバエ科のハエです。成虫の出現時期は5月から10月です。
 肢と口吻が非常に長く,スマートに見えます。卵胎生で,雌は卵を体の中で孵して幼虫を産みます。地面の上に産み落とされた幼虫はすぐに地面に潜り,コガネムシ類の幼虫に寄生し,育ちます。