ヒトスジシマカ

トップ > ハエ目 > カ科

 「ヒトスジシマカ」は本州から沖縄にかけて分布するハエ目カ科のカです。成虫の出現時期は5月から11月で,雑木林や公園,人家などで見ることができます。
 カの吸血行動は雌が産卵の栄養にするために行うもので,雄は血を吸うことはなく,通常は花の蜜を吸っています。写真の個体は山道を歩いていたときに寄ってきたものを手で振り払ったらダメージを受けたらしく,そのまま葉に止まったまま動かなくなったものを撮ったものです。