ミナミヒメヒラタアブ

トップ > ハエ目 > ハナアブ科

 「ミナミヒメヒラタアブ」は本州から九州にかけて分布するハナアブ科ヒラタアブ亜科のアブです。成虫の出現時期は4月から10月で平地から山地まで普通に見ることができます。
 胸部は黒褐色で光沢があり,腹部は雄は細長く,雌は膨らみがあります。腹部には数本の黒帯がありますが,変異があります。体長は小さく,8mmから9mm程度しかありません。本種は以前「キタヒメヒラタアブ」とされていましたが,近年ミナミヒメヒラタアブであることがわかりました。