マルボシヒラタハナバエ

トップ > ハエ目 > ヤドリバエ科

 「マルボシヒラタハナバエ」は北海道から沖縄にかけて分布するヤドリバエ科ヒラタヤドリバエ亜科のハエです。成虫の出現時期は4月から10月で,低地から山地の幅広い地域で見ることができます。
 腹部は黄褐色から赤褐色で大きな黒色の斑紋があります。幼虫は果樹の害虫であるチャバネアオカメムシなどに寄生する益虫です。写真の個体の腹部は乳白色をしていますが,蛹から羽化したばかりなのかもしれません。

 上の個体の腹部は赤褐色をしており,一般的に見られるタイプです。