タカサゴハラブトハナアブ

トップ > ハエ目 > ハナアブ科

 「タカサゴハラブトハナアブ」は本州から九州にかけて分布するハナアブ科ハナアブ亜科のアブです。成虫の出現時期は5月から8月で,生息地は不明ですが,写真は平地の沼地周辺で撮りました。
 体色は黒で,胸部から腹部にかけて黄色い毛が多数生えています。また腹部は節ごとに膨らみがあります。本種は「ユーラシアハラブトハナアブ」に似ていますが,本種の雄の複眼が接しているのに対し,ユーラシアハラブトハナアブは少し離れています。

 写真の個体は雄ですが,複眼の一部が接しています。