ミスジミバエ

トップ > ハエ目 > ミバエ科

 「ミスジミバエ」は本州から沖縄にかけて分布するミバエ科ハマダラミバエ亜科のハエです。成虫の出現時期は3月から10月で,生息地は不明ですが,写真は低地の湖沼近くの林縁で撮りました。
 胸部背に3本の淡黄色の縦筋があることが名前の由来になっています。幼虫はウリ科の果実を食害するため,害虫として扱われます。