クマバチ

トップ > ハチ目 > ミツバチ科

 「クマバチ」は北海道から九州にかけて分布するミツバチ科クマバチ亜科のハチです。成虫の出現時期は4月から10月で,林縁などのほか公園や人家周辺などの花が咲いているところで普通に見ることができます。
  体色は黒で胸部には黄色い毛が密生しており,その中央部は黒い模様があります。5月から6月頃に雌は枯れ枝や木材などに細長い巣を作り,蜜と花粉を詰めて卵を産み付けます。