オオスズメバチ

トップ > ハチ目 > スズメバチ科

 「オオスズメバチ」は北海道から九州にかけて分布するスズメバチ科スズメバチ亜科のハチです。成虫の出現時期は4月から10月で,雑木林の樹液が出る樹木で見ることができます。
 日本のハチの中では最も強力な毒を持ち,攻撃性も非常に高く危険です。攻撃は毒針で刺す以外に,大顎で噛むこともあります。巣は樹木の洞や土中,人家の壁や軒下などに作ります。