ヒメスズメバチ

トップ > ハチ目 > スズメバチ科

 「ヒメスズメバチ」は本州から沖縄にかけて分布するスズメバチ科スズメバチ亜科のハチです。成虫の出現時期は4月から10月で,平地から低山地で見ることができます。
 腹部の先が黒いことが特長で,他のスズメバチと簡単に見分けることができます。オオスズメバチに次いで大きく,威嚇性が強いのですが,攻撃性は弱く毒性も強くありません。幼虫の餌はアシナガバチの幼虫や蛹なので,アシナガバチの巣を襲うことがあります。

下は腹部の先の写真です。黒くなっていることがわかります。