ミカドトックリバチ

トップ > ハチ目 > スズメバチ科

 「ミカドトックリバチ」は北海道から九州にかけて分布するスズメバチ科ドロバチ亜科のハチです。成虫の出現時期は6月から9月頃です。
 腹部のつけ根が細く,体全体が黒く所々に黄色い筋があります。泥でトックリのような形をしたつぼ型の巣を作り,卵と幼虫の餌となる青虫を仮死状態にして詰めて泥でふたをします。その中で幼虫は育ちます。