ハグロハバチ

トップ > ハチ目 > ハバチ科

 「ハグロハバチ」は北海道から沖縄にかけて分布するハバチ科ハグロハバチ亜科のハチです。成虫の出現時期は5月から11月頃です。
 ハチの仲間は一般的に毒針を持ち,幼虫の世話をするイメージがありますが,このハバチの仲間は毒針はなく,幼虫の世話をすることもありません。幼虫は芋虫のような形をしており,ギシギシなどのタデ科の植物を食草にしています。