ミカドドロバチ

トップ > ハチ目 > スズメバチ科

 「ミカドドロバチ」は北海道から九州にかけて分布するスズメバチ科ドロバチ亜科のハチです。成虫の出現時期は6月から9月で,人家周辺でも見ることができます。
 体色は黒で,頭部や胸部,腹部に淡黄色の帯がありますが,個体によって変異があります。本種は蛾の幼虫を竹筒などに運び入れ,幼虫の餌として蓄え,最後に泥で蓋をします。