チビドロバチ

トップ > ハチ目 > スズメバチ科

 「チビドロバチ」は北海道から九州にかけて分布するスズメバチ科ドロバチ亜科のハチです。成虫の出現時期や生息地などは不明ですが,写真は7月に海辺の草地で撮りました。
 体長は1cm以下と小さく,体色は黒色で腹部に2本の黄帯と背板後方に黄紋があり,「肩板」と呼ばれる翅のつけ根部分も黄色になっています。本種は蛾の幼虫を狩って幼虫の餌にする狩りバチの仲間です。