テングスケバ

トップ > カメムシ目 > テングスケバ科

 「テングスケバ」は本州から九州にかけて分布するテングスケバ科の昆虫です。成虫の出現時期は9月から10月で,イネ科植物の生える草地や林縁などで見ることができます。
体色は淡緑色で,頭部から胸部にかけて緑とオレンジの筋模様があります。頭部は極端に飛び出していることが特長です。