カナブン

トップ > 甲虫目 > コガネムシ科

 「カナブン」は本州から九州にかけて分布するコガネムシ科ハナムグリ亜科の甲虫です。成虫の出現時期は6月から9月で,雑木林の内部やその周辺のほか,都会の公園でも普通に見られます。
 昼行性であり,夏場には樹液の出るクヌギなどの樹木に集まります。夜間灯火に飛来するのをよく見かけますが,それは「ドウガネブイブイ」という別の甲虫です。成虫は越冬能力がなく1ヶ月程度の命だそうです。