アトボシアオゴミムシ

トップ > 甲虫目 > オサムシ科

 「アトボシアオゴミムシ」は北海道から九州にかけて分布するオサムシ科アオゴミムシ亜科の甲虫です。成虫の出現時期は4月から11月で,雑木林やその周辺の地表で見ることができます。
 頭部と胸部が緑銅色でメタリックに輝き,上翅に黄色い紋があります。夜行性で昼間は石や落ち葉の下で休んでいますが,夜になると活動を始め,ほかの虫などを補食します。アオゴミムシの仲間は,捕まえるとメタクレゾールを主成分にした消毒薬のような臭いを出すそうです。