ナナホシテントウ

トップ > 甲虫目 > テントウムシ科

 「ナナホシテントウ」は北海道から沖縄にかけて分布するテントウムシ科テントウムシ亜科の甲虫です。成虫の出現時期は3月から11月で,成虫で越冬したものが春先から活動を始めます。
 上翅は黄色から赤色に黒い紋が7つ入り,成虫・幼虫とも肉食で植物についたアブラムシを補食します。また体内にアルカロイドを含むため,鳥から食べられるのを防いでいます。