カツオゾウムシ

トップ > 甲虫目 > ゾウムシ科

 「カツオゾウムシ」は北海道から九州にかけて分布するゾウムシ科カツオゾウムシ亜科の甲虫です。成虫の出現時期は6月から8月で,イタドリが生育するようなやや湿った場所で見ることができます。
 体色は黒で,若い成体は橙赤色の粉で覆われていますが,次第に粉が落ちて黒くなってしまいます。成虫はイタドリやミゾソバなどタデ科植物の葉を食べ,茎の内部に産卵します。幼虫は茎の内部を食べて成長し,茎の中でサナギになります。